おでこハゲに

1STリゾゲイン

リゾゲイン

全く新しいWケアで育毛を促進

育毛ケアの常識を変える「頭皮ケア」と「育毛ケア」頭皮老化を防ぐ業界初のWケア

価格 5,880円
評価
備考 定期コース利用で25%OFF

他の育毛剤とは違う2本セットということで期待。

ニオイやべたつきは無いので使用感は良いです。頑張って続けていきます。(はじめて)



発毛成分M-034の効用とは?ハゲに効果があるって本当?

今現在、ハゲに悩んでいて育毛剤を使っているというあなた。そもそも育毛剤とは何かを知っていますか?
市販されている発毛剤のほとんどには「ヘアーを伸ばす有効性」は無いのです。一般的に販売されている毛はえ薬に入っている材料は、育毛を助ける材料であり、毛髪を増して伸ばすという効力は証明されていません。
頭部の肌環境をクリーンにし、毛が本来持つ発達する力を引き出すために活用されることがほとんどです。
育毛トニックを使って作用実感できないと思ったら、材料を見直して育毛をケアする方法を改めて検証したほうがいいかもしれません。



毛生え成分とは何か?効果に個人差はあるのか

現在、医学的にヘアーを伸ばす成分として受け入れられているものは2つだけです。
数多の毛はえ薬に配合されている発毛成分の効果は、今ある毛髪を太くしたり、頭部の肌環境をクリーンにして本来ある毛髪の伸長を促進し、発毛因子を刺激する、このように新しい毛を直に発毛させるような作用ではなく、発毛に関して効果発揮するように開発されています。
つまり、作用が感じられるのには個人差があり、これらがもとで薄毛となっている場合、もとが対策されれば毛髪のかさは増えていきます。しかし、効力が現れない場合は改めて元凶を探り直す必要や自分にあう育毛促進剤を発見する必要があります。
そして、医学的に発毛が認められているマテリアルというのは「ミノキシジル」「フィナステリド」です。
「フィナステリド」は禿頭を推進させる男の人ホルモン「DHT」を抑える作用があり、禿頭の推進を止める原料です。
そして、「ミノキシジル」は、血圧を下げる薬効成分として活用されていましたが、体中の毛髪が増すという反動があり、この効能を活用した発毛マテリアルです。
そのため、まずは「フィナステリド」で「DHT」を抑え禿げの促進を止めてから、「ミノキシジル」で育毛する、というのが一般的な治療方法です。
また、唯一「ミノキシジル」が使用されている毛はえ薬は大正製薬から「リアップX5」が薬局で販売されています。



M-034の効果と特長について

「ミノギシジルと等しいぐらいの発毛効能」がキャッチフレーズの「M-034」ですが、実際の効果とその効果が気になりますよね?
「M-034」の作用は毛髪を支え、伸長させる「外毛根鞘」の増大を早める作用があります。外毛根鞘は発毛にとって非常に大事な細胞で、ヘアーが発達するために必要な栄養素を蓄え、毛髪を伸長させる細胞が詰まっています。つまり、髪の毛を発毛させる効能に期待できます。
また、血液循環を早める血管内皮増殖因子と、髪の退行を止める退行期誘因子を抑えるための因子を生みだす毛生え助長・抜け毛予防の効能が期待されています。さらに、うるおいを保湿するマテリアル「ヒアルロン酸」と同じくらいの保湿力があるため、スカルプをしっかり保湿し乾燥による抜け毛攻略にもなります。
では、「M-034」と「ミノキシジル」では何が違うのでしょうか?



M-034には副作用がないメリットも

「M-034」と「ミノキシジル」の違う点は「副作用」が無いことです。ミノキシジルには第一類医薬品に属する有効成分で、効力が受け入れられていますが、反動の危険性があります。具体的にはミノキシジルを投与した部分に強烈なかゆみ・炎症を起こす「ミノキ焼け」と呼ばれる症状を起こします。
それに対して、「M-034」は反作用のリスクはありません。「M-034」は北海道の「ミツイシコンブ」と呼ばれる昆布から抽出された、自然由来のマテリアルを採用しているため、頭皮や身体への刺激は少なく気兼ねなく使用し続けられます。
「ミノキシジル」は反動があるためどなたでも楽に利用できるものではありませんでしたが、「M-034」であれば副作用の可能性が無いため、肌の弱く敏感な人や、未成年でハゲが心配な方にも、気兼ねなく使用し続けることができます。



M-034配合の主な発毛剤とは

実際に「M-034」を含んだ育毛剤は現在、販売中で大勢の方が使っており、個人差はありますが作用を感じている人もいます。
「M-034」を配合している主な育毛促進剤はこの3つです。材料が豊富な「IQOS」、原料のクオリティーが高く抜け毛予防にも期待できる「チャップアップ」、「M-034」が最高濃度の「ブブカ」。
「IQOS」は含まれている成分の数が多く、3種類の有効材料と28種類の育毛材料が含まれており、それぞれの相乗作用で毛生え効能が優れた育毛剤です。また、他の2つの育毛トニックに比べ金額が安いことが支持されている一つの要素でもあります。
次に「チャップアップ」は、毛生え推進やスカルプ整える他に、抜け毛予防材料が含まれており、短く細い髪の人は利用したい育毛促進剤です。
そして最後の「ブブカ」ですが、最も見ておくべき点は「M-034」の配合濃度です。ツルッパゲソリューションに必要なマテリアルがバランスよく配合されており、さらに「M-034」は業界一の配合濃度となっています。「M-034」の威力を特に実感したい方には「ブブカ」をおすすめします。
このように、薄毛ソリューションとして多くの育毛トニックが市販されていますが、まずは自分のスカルプ環境を知り、そこからもと探り当て最も自身に合った育毛促進剤を探すことから始めて行きましょう。